高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 口コミ・評判 >> 西鉄バス

西鉄高速バスの口コミ・評判・感想

■西鉄高速バス(西日本鉄道株式会社)
福岡・北九州を中心に高速バス・夜行バスを展開するのが西鉄バス。西日本鉄道グループです。九州各地のみならず、本州にも高速バスを走らせていて、その規模はJRバスを除けば鉄道会社系ナンバー・ワンでしょう。西鉄グループ全体のバス保有台数は、国内最大規模とされています。

拠点となっているのは、福岡の天神バスセンター。福岡市内の一等地のバスターミナルで、利便性は抜群。九州方面の旅なら、安心して乗車できるバス会社といえます。

西鉄高速バスの口コミ・評判・感想まとめ

  • バスは国産で乗り心地がよい。
  • バスターミナルが便利。
  • 福岡~小倉間などは予約なしで便利。
  • 3列のトイレ付きが多い。
  • 回数券が安いので、金券ショップで購入したほうがいい。
  • 払い戻し手数料は安い。
  • 運転手の案内が丁寧。

画像:西鉄高速バスウェブサイト(北九州線)より

西鉄高速バス「はかた号」の口コミ・評判・感想

西鉄高速バスのフラッグシップ的な存在が、東京~福岡間の「はかた号」です。福岡天神・博多~新宿間を14時間あまりで結ぶバスです。2014年には個室タイプのシートを備えた新型車両が投入されました。

最上級の「プレミアムシート」は、個室型の2列独立シートで、リクライニング傾斜150度、シートピッチは135センチ、シート幅50センチ、背面マッサージ、無料Wi-Fiやコンセント、USBポートまでついていて、JRバスの「プレミアムシート」も顔負けの豪華さです。

プレミアムシートは最前列に4席だけ。乗った人の感想は「細かいところまで行き届いていて、快適としかいいようがない」という肯定的なものばかりです。ただし、値段は17,000円~と高いのが難点。新幹線やLCCと価格的に競合することを考えると、利用者がどの程度いるのか心配です。

「ビジネスシート」は、一般的な3列独立シート。コンセントやUSBポートも装備していますし、もちろん毛布などもあります。かつて存在した「エコノミーシート」はなくなりました。

北九州市内のバス停にも立ち寄っていて、小倉駅前などからも利用できます。

西鉄高速バス「はかた号」の予約

その他の西鉄夜行高速バスの口コミ・評判・感想

「はかた号」以外の西鉄夜行高速バスは、すべて3列独立シートで、トイレ付きです。標準的な夜行バスの快適性を備えています。上半身だけ隠れるフェイスカーテンで、半個室気分が味わえるのが特徴です。

西鉄高速バス「九州島内路線」の口コミ・評判・感想

西鉄高速バスの九州島内路線は、福岡を中心に、北九州(小倉)、佐賀、熊本、長崎、大分など各地に運行しています。北九州、佐賀、熊本といった近距離は4列シート、長崎、大分、鹿児島といった長距離路線には3列シートも走ります。近距離路線は予約不要の高頻度運行で、「好きなときに気軽に乗れる」と評判です。

WILLER TRAVEL

西鉄高速バスのまとめ

九州では抜群の知名度を誇る西鉄バスです。九州島内の路線網は充実しており、博多~小倉線や博多~熊本線は、日本屈指の高頻度運行区間として知られています。長距離路線に関しては、最近は高速バス同士や、LCCとの競争が激化して、やや押されている印象です。2017年には伝統の「ムーンライト」(博多~大阪線)を廃止するなど、路線縮小を行っています。

フラッグシップの「はかた号」のオリジナリティは素晴らしいので、ぜひ他の路線でもいままでにないサービスを期待したいところです。

なお、割引運賃は往復割引のほか、昼行区間では回数券を発行しており、これを利用していけばさらに格安に旅をすることができます。4枚つづり程度ですので、2往復するなら、金券ショップのお世話にならなくても大丈夫です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたへのおすすめ

↑ PAGE TOP