高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> ランキング >> 東京~大阪

東京~大阪の高速バス・夜行バス人気ランキング

口コミや評判をもとに、東京~大阪間の高速バスの人気ランキングを作ってみました。バスの値段、利便性、快適性、安心度などを総合的に考えて評価しています。

値段や車両は時期や空席状況によって、乗った人の評価は異なります。ですから、評価は必ずしも普遍的なものではありません。ひとつの目安として考えてください。

なお、東京~大阪としていますが、東京・横浜・埼玉・千葉・東京ディズニーリゾート(TDR)~京都・大阪・神戸・ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)を含みます。

1位 ウィラートラベル「ニュープレミアム」

「ニュープレミアム」は、ウィラーを代表する高級3列シートです。縦8列で、シートピッチは116cm-117cm。「ゆりかご型リクライニング」で角度は146度まで倒れます。「ソファーのような座り心地」と謳っていて、「実際ものすごい快適」と絶賛されています。とくに、作り込まれたシートは高く評価する声が多いです。

ウィラー「ニュープレミアム」の予約

2位 JRバス「プレミアムシート」

「プレミアムドリーム」の1階「プレミアムシート」は、独立2列シート、リクライニングは最大156度、フットレストを使えばほとんどフラットに近い状態になります。飛行機のビジネスクラスに匹敵する装備で、「夜行バスでこんなに熟睡したことはなかった」という口コミが続々寄せられています。もちろん値段はお高めですから、格安旅行向けではありません。

JRバスの予約

3位 VIPライナー「プルメリア」

完全女性専用車として作られ、車内の仕様もアメニティも女性向きに作られているのが「プルメリア」。横3列独立シート×縦10列、プライベートカーテン付きと、女性にとことん配慮した内容で高得点です。現在は男性も乗れますが、女性向けなのは変わりません。

VIPライナー「プルメリア」の予約

4位 さくら高速バス「さくらクオリティエクスプレス」

さくら高速バスのフラッグシップ的車両。横3列シートで縦7列。縦7列は国内でも最高水準のゆとりあるシートピッチで、快適な3列シートです。Wi-Fi、コンセント、カーテン、ブランケット、電動リクライニング、電動マッサージ装置までついています。

「さくらクオリティエクスプレス」の予約

5位 オリオンバス「のびのびシート」

オリオンバスの看板クラスの「のびのびシート」。横4列×縦10列で、値段は低めに設定されていますので、お得感があります。「横幅が狭いのは構わないが、足元は伸ばせる方がいい」という人は結構多く、人気となりました。トイレはありません。

オリオンバス「のびのびシート」の予約

6位 JRバス「青春エコドリーム号」

JR版の激安シートが青春エコドリームです。詰め込みバスですが、トイレが付いています。割引運賃を使えば「激安バス」で、しかもトイレ付き。JRブランドの安心感もあり、上位に食い込みました。

JRバスの予約

7位 東北急行・近鉄バス「フライングスニーカー号」

横4列×縦11列の標準仕様ですが、小型のトイレが付いています。「席は特に広くなくていいが、トイレがあるのは気持ち的にラク」という人は多く、そうした要望に応えている会社は意外に少ないのです。早売運賃が導入され、5日前までにウェブ決済すれば格安で、高い人気です。

「フライングスニーカー号」の予約

8位 JAMJAMエクスプレス「3列トイレ付きプレミアム」

3列独立シートの車両では、最安値クラスです。トイレとコンセントという重要な2装備を付けてこの値段は格安です。

JAMJAMライナーの予約

9位 ウィラー「コクーン」

ウィラーのバスで女性に人気が高いのが「コクーン」。個室感覚の2列シートです。真後ろに他人の座席がないので、シートを倒すのにも気兼ねがいりません。

ウィラー「コクーン」の予約

10位 VIPライナー「グランシアファースト」

VIPライナーの最上級クラス。横3列独立シートの専用バスで、縦は7列。「飛行機のビジネスクラスと同じ仕様のバックジェルシート」を採用しているというのが大きなセールスポイントです。 個人モニターがついていて、エンターテインメント番組などを楽しめます。

「グランシアファースト」の予約

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP