高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 基本情報 >> 車内設備とアメニティ

高速バス・夜行バスの車内設備とアメニティ

高速バスの設備でいちばん気になるのは、トイレ付きかどうか。とくに、長距離の夜行バスはトイレがないと不安ですが、格安バスの場合は設置されていない場合が多いです。

また、スマホで遊ぶのに電源コンセントがあるかも大事ですし、Wi-Fiの有無も重要です。

アメニティの代表格は毛布とスリッパですが、座席のグレードによってあったりなかったり。そんな高速バスの車内設備とアメニティについて解説します。

トイレ

高速バスで、トイレがあるかどうかはまちまち。乗車距離が数時間の短距離の高速バスは、トイレが設置されていない場合が多いです。長距離バスにはトイレが設置されていることが多いですが、「格安バス」の場合は設置されていないこともあります。トイレのないバスは、2~3時間に一度、サービスエリアで休憩を取ります。

トイレ休憩があると、トイレに用事がなくても夜中に目が覚めてしまい、熟睡できない原因の一つになります。

また、トイレが設置されていても、タンクが小さいので、「小だけにしておいてください」と言われることもあります。この場合は、途中休憩がありますから、「大」はサービスエリアなどでゆっくりと。トイレの構造は循環式なので、匂いが気になることはあまりありません。

VIPライナー

コンセント・無線LAN

車内は退屈なので、ケータイくらいは自由に使いたいですし、パソコンでネットができたら大満足!という人の声に応えて、コンセントや無線LAN付きのバスも増えています。

ただ、難点は深夜の操作は禁止されている場合が多いことです。かちゃかちゃとキーボードを叩く音がうるさいとか、画面の光がまぶしい、という理由ですね。設備も大事ですが、どこまで自由に使えるのかを確認してから利用しましょう。

最近はLTEの普及により、無線LAN設備が使われなくなってきているので、廃止する会社も出てきたようです。

テレビ・モニター

一部の座席クラスではテレビや液晶モニターが設置されています。テレビ・モニターが設置されているのは、3列または2列シートの上級クラスに限られます。テレビはワンセグですので、画質にはあまり期待しないように。

一部ですが、マルチメディアモニターで映画やビデオが見られたり、ゲームができたりする車両もあります。

カーテン

カーテンが設置されているシートは増えています。隣席との間を仕切ることができ、気分的にプライバシーが保たれますし、スマホの光漏れも防げます。

カーテンは必ずしも豪華設備ではなく、4列シートの車両でもカーテンがついている車両はありますし、カノピーという、顔の部分だけ隠れるカーテン代わりの設備を設置しているバスもあります。

WILLER TRAVEL

アメニティ

毛布、ビデオ、オーディオ、スリッパ、エア枕、おしぼり、ドリンク、ティーサーバ(給湯器)などがあります。バス会社や座席クラスによって用意されているものは異なります。ティーサーバでは、お茶やコーヒーなどが用意されています。

トランクがない場合も!

2階建てバスの場合は、トランクがないことが多いです。その場合は荷物の持ち込みに制限がありますので注意してください。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP