高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 調査リポート >> 青春18きっぷvs.高速バス

青春18きっぷvs.高速バス

国内を移動するには、高速バスが最も安くすみます。しかし、青春18きっぷが発売されている春・夏・冬のシーズンに限っては、青春18きっぷを利用してJRに乗るほうが安いこともあります。

とはいえ、必ずしも価格だけが勝負ではなく、利便性も気になります。このコラムでは、青春18きっぷと高速バスを、価格と利便性の両面で比較してみましょう。

1日分あたりなら、青春18きっぷの圧勝

青春18きっぷは5日分セット11,850円で、1日あたりにすればわずか2;370円。これで、日本中どこへでも、JRのある場所に行くことができます。高速バスといえども、この価格では乗れる区間は限られます。ということで、1日あたりの価格だけで考えると、青春18きっぷの圧勝といえるでしょう。これについては、ほとんど議論の余地はありません。

5日分の価格と比較してみる

青春18きっぷの1日あたりは激安ですが、青春18きっぷは5日分(5回分)のセット販売です。単純に1カ所を往復するだけなら2回分だけで済みますので、5回分も必要ありません。残り3回分は払い戻しできませんから、結局11,850円を払わなければならないのです。ならば、ある地点まで往復するという設定で、11,850円を青春18きっぷの「定価」として考えた場合、高速バスはどういうときにそれより安いかを考えてみましょう。

大阪までなら高速バスも互角

東京起点で考えますと、名古屋あたりまでなら高速バスで3,000円台で行くことができますから、往復でも7,000円程度で、高速バスが有利です。

では、大阪はどうでしょう? 時期にもよりますが、高速バスでも片道4,000円~5,000円しますから、往復で考えると青春18きっぷと互角かやや安い程度といっていいでしょう。

岡山なら青春18きっぷ

それより遠方の岡山ですと、高速バスの格安料金でも片道6,000~7,000円くらいはしますから、往復なら青春18きっぷが有利です。

ただし、青春18きっぷで1日で行けるのは、西はせいぜい広島くらいまでですので(厳密には小倉)、それより遠いエリアに行くなら宿泊が必要となります。ホテル代を考えれば、高速バスのほうが安いでしょう。

(東京~大垣間の「ムーンライトながら」を使えば、熊本県まで1日で行けますので、この場合は青春18きっぷの大勝利です)

距離500㎞が境目?

東京から中国地方や九州へは高速バスの便数が限られていて、関西地方までに比べると値段がぐっと上がります。ですから、値段だけを考えた場合、高速バスが選択肢として有力なのは、東京から関西地方まで。中国地方より西へは青春18きっぷのほうが安い、ということになります。

おおざっぱにいって、関西地方までは500km、中国地方だと700km以上です。つまり500㎞までなら高速バス、それ以上なら青春18きっぷ、ということになります。

ケースバイ・ケース

ここで述べたのは、あくまでもおおざっぱな目安です。ケースバイ・ケースですので、正確な計算はご自身でお願いします。

また、前にも書きましたように、青春18きっぷの値段を1日あたり2,370円で考えれば、ほとんどの場合で青春18きっぷが安くなります。

1日単位では購入できませんが、青春18きっぷは5日分ありますので、遠方往復以外に3日分、JRに乗る用事があれば、青春18きっぷの圧勝です

他にJRを使う用事があったり、残り3日分を金券ショップに売るなどすれば、そのぶん青春18きっぷのほうがトク、ということになります。

利便性では高速バスが優位

たとえば東京から大阪まで青春18きっぷで行こうとすれば、だいたい熱海、静岡、浜松、大垣、米原の5回程度は乗換が必要です。すべて普通列車か快速列車で、座れるかどうかの保証もありません。また、時刻表を読みこなす能力も必要になります。

それに比べれば、直通の高速バスに乗れば、乗り換えなしで目的地に着くことができますし、途中で降りるにしてもたまにサービスエリアで休憩する程度です。何度も電車を乗り換えるのは面倒なもの。その点を考慮すれば、青春18きっぷは、あまりに遠距離の移動には向かないともいえます。

鉄道が好きな方は、もちろん話は別ですが、そうでないなら、鉄道の普通列車の旅は、結構大変です。最近は地方でもロングシートの車両が増えていて、座っていても疲れます。高速バスは、狭い4列シートでも、いちおうリクライニングはできます

また、東京~大阪を走る東海道本線は列車の本数も多いですが、東京~新潟の上越線などは、普通列車の本数が限られます。東京~金沢となると、福井を経由して各駅停車の旅になります。四国、九州、北海道では、普通列車の利便性はかなり低いと言わざるをえません。こういうエリアでは、青春18きっぷよりも、バスで高速道路をぶっ飛ばすほうが、よほど便利で快適です。

ということで、東海道・山陽・東北本線あたりは青春18きっぷの利便性も高いのですが、それ以外では青春18きっぷよりも高速バスのほうが利便性では勝るでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP