高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 口コミ・評判 >> 西武バス

西武バスの口コミ・評判・感想

■西武高速バス(西武バス株式会社・路線バス)
東京・池袋を拠点に、新潟、長野、富山、金沢などへの高速バス・夜行バスを展開するのが西武バスです。

新潟県への路線バスは伝統的に強く、長野エリアへも便利です。北陸や関西エリアにも夜行高速バスを運行しています。

西武バスの主な高速バス路線のチケットは、楽天トラベルで予約・購入できます。

西武高速バスの口コミ・評判・感想まとめ

  • 鉄道会社系バスなのに池袋にバスターミナルがない。ただのバス停。
  • バスタ新宿から池袋東口まで30分近くかかる。池袋から乗った方がいい。
  • 新潟線は1時間おきで朝から晩まで走っていて便利。
  • 愛称がないのでわかりにくい。
  • 割引運賃があんまりない。
  • 休憩はグループ会社の上里サービスエリア 。
  • 最近は昼間便でも3列シートが増えていてラク。
  • 4列シートでもフットレストがついていて快適。
  • 西武グループの安心感。

西武高速バス

西武高速バス「新潟線」の口コミ・評判・感想

池袋~新潟間を結ぶ高速バスが「新潟線」です。新潟交通、越後交通との共同運行で、最新鋭のバスが投入される主力路線です。下りは7時からから20時まで、上りは5時から18時まで、それぞれ1時間間隔の運転で、さらに23時ごろ発の夜行便があります。

定刻なら池袋~新潟駅前が5時間12分で、運賃は3100円~6200円。上越新幹線には及ぶべくもない速度ですが、値段はお手頃です。

かつては横4列×縦9列のゆったりシートが標準でしたが、横3列×縦10列シート車の導入が進んでいて、「とても快適になった」との声が。3列車両はすべて新車で、揺れも少なく好評です。4列でも3列でも値段は同じです。

最近はすべての便の1号車は3列便になりましたが、2号車以降は4列便のこともあります。1号車のほうがどう考えても快適なので、予約はお早めに。早く予約した順に1号車が割り当てられます。

途中の休憩は2か所で、上里サービスエリア(埼玉県)と、越後川口サービスエリア(新潟県)です。

西武高速バス「新潟線」の予約

西武高速バス

西武高速バス「長野線」の口コミ・評判・感想

池袋~長野間を結ぶ高速バスが「長野線」です。長電バスとの共同運行で1日6往復運行しています。池袋発午前、長野発午後の各3便が西武高速バスの担当。逆に長野発午前、池袋発午後が長電バスの担当です。

バスは1号車は横3列×縦10列シートですが、長電運行便の一部には横4列×縦9列のバスも残っています。トイレ付きですが、2号車以降はトイレなしの場合もあります。

いずれにしろ、1号車と2号車には格差がありますので、できるだけ予約はお早めに。4列車もゆったりシートで、補助席なし、センターアームレスト付きで、フットレストもついています。4列シートとはいえ、かなり快適です。

池袋駅~長野駅が3時間40分~55分程度です。にもかかわらず途中休憩は上里SA(埼玉県)と東部湯の丸SA(長野県)と2回もあります。上里サービスエリアは西武グループの運営だから、わざわざ停車するというウワサ。

正規運賃が片道2600円~3600円、早割だと各500円引きです。正規運賃だと他社よりも若干高いですが、きれいで揺れの少ない車両ですから快適と評判です。

西武高速バス「長野線」の予約

西武高速バス「富山線」の口コミ・評判・感想

新宿・池袋~富山間を結ぶ高速バスが「富山線」です。富山地方鉄道との共同運行で昼行3便、夜行1便の1日4往復あり、うち2往復が西武高速バスの担当となっています。

横3列×縦10列のシートで、アームレストやフットレストなどもついています。昼間便でも3列シートですから、かなり快適との口コミが。所要時間は6時間半で、北陸新幹線の倍以上かかりますが、価格はお手頃です。正規運賃で5,000円~8,200円、早割5で5,400~6,900円です。

西武高速バス「富山線」の予約

西武高速バス「金沢線」の口コミ・評判・感想

新宿・池袋~金沢間を結ぶ高速バスが「金沢線」です。JRバス関東、西日本JRバスとの3社共同運行で、昼行3便、夜行3便の1日6往復あり(うち2往復は季節運行)、西武高速バスの担当は2往復です。

横3列×縦10列の標準的な高速バス仕様で、アームレストやフットレストなどもついています。昼間便でも3列シートで快適です。池袋駅~金沢駅の所要時間は約7時間半で、「夜行バスでちょうどいい距離」との口コミも。料金は昼間便と夜行便で異なり、昼間便は5,000~6,000円。夜行便は5,400円~8,800円。夜行便は早割で購入するのがお得です。

西武高速バス「ドリームさいたま号」の口コミ・評判・感想

大宮・所沢・立川~京都・大阪・USJ間を結ぶ高速バスが「ドリームさいたま号」です。西日本JRバスとの共同運行の夜行バスです。埼玉エリアからUSJへ直行できるバスとして、2015年に運行スタートしました。

横3列×縦10列の標準的な高速バス仕様で、トイレ付きで快適です。大宮駅~USJまでは約11時間半で、ちょっと時間がかかりますね。京都駅~立川駅は7時間半ほどですので、立川エリアのほうが使いやすいかもしれません。運賃は5,600~9,200円。早割で購入するのがお得です。

西武高速バスのまとめ

主力の新潟線でのブランド力は強く、運行本数も豊富で評価は高いです。以前は4列×9列のゆったりシートを使っていましたが、最近は3列×10列シートへの置き換えが進んでいて、快適性が飛躍的にアップしました。車両も新しく、「乗り心地では高速バストップクラス」との評判もあります。

最近は変動価格制に移行し、値段もこなれてきて、平日はとくに安く乗れるようになってきました。「安くて快適」という評判が徐々に広がっている様子がうかがえます。

西武高速バスの予約

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP