高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 口コミ・評判 >> 小田急バス

小田急高速バスの口コミ・評判・感想

小田急高速バス(小田急バス株式会社)
東京・新宿を拠点に、箱根、御殿場、伊豆、木更津、市原、秋田、岐阜、岡山、広島、高知などへの高速路線バスを展開するのが小田急バス。

正確には箱根、御殿場、伊豆方面のバスは「小田急箱根高速バス」で、それ以外が「小田急シティバス」の運行です。

これらは別会社ですが、利用者からすれば同じ「小田急」ですので、このサイトでは区別しません。

秋田方面が「フローラ号」、岐阜方面が「パピヨン号」、津山・岡山方面が「ルミナス号」、福山・尾道方面が「エトワールセト号」、広島方面が「ニューブリーズ号」、高知方面が「ブルーメッツ号」、四万十・宿毛方面が「しまんとエクスプレス号」です。

小田急高速バスの主な路線のチケットは、日本旅行バスぷらざで予約・購入できます。

小田急高速バスの口コミ・評判まとめ

  • 箱根線は30分おきで便利。予約しないでも乗れる。
  • パスモで乗れる。(ただし夜行便はダメです)。
  • 夜行バスはスピードダイヤで速い。
  • 割引運賃が増えてきた。
  • 運転は穏やか。スピード違反しない。小田急の余裕か?

小田急箱根高速バス

小田急箱根高速バス「箱根線」の口コミ・評判

新宿~御殿場~箱根を結ぶ高速バスが「箱根線」です。箱根北部から芦ノ湖方面にアクセスするのに便利な路線で、小田急ロマンスカーが得意な箱根湯本方面には行きません。「ロマンスカーと棲み分けをしている」ということのようです。

座席は横4列で、混雑時には補助席も使用(ただし運賃は同じ)。途中の高速バス停での乗下車も結構あり、補助席が使われることもよくあります。運賃支払いにはパスモやスイカが使用可能。予約なしで乗車できますし、そのうえパスモもスイカ使えるなんて、とても便利です。

「箱根線」の魅力はなんといってもこの利便性で、日中30分ごとの運転で、新宿~御殿場なら最速1時間半程度。「便利なのでつい乗ってしまう」という口コミが多く、快適さとかそういう問題以前の重要な路線のようです。

小田急高速バス「フローラ号」の口コミ・評判

新宿~秋田間を結ぶ高速バスが「フローラ号」です。小田急高速バスのなかでも伝統があり、知名度も高い主力路線です。秋田中央交通との共同運行です。

横3列×縦10列の標準的な夜行バス仕様のシートで、レッグレスト・フットレスト付。お茶やコーヒーのサービスにスリッパやおしぼり、毛布も付いています。「昔ながらの長距離夜行バスの標準装備が続いている」という口コミが象徴的です。

車両は新型車が充当されることが多いですが、他路線との共通運用のため一定していません。秋田まで高速道路を走りきるので所要時間は8時間半と短く、「新幹線や飛行機と比べても快適に移動できる交通手段」とは地元の利用者の感想です。

価格は9,700円と安くはありませんが、往復割引や学割があるほか、10回乗ると片道券として使える「ポイントカード」サービスも実施しています。

フローラ号の予約

小田急高速バス「ルミナス号」の口コミ・評判

新宿~津山・岡山・倉敷間を結ぶ高速バスが「ルミナス号」です。下津井電鉄との共同運行です。東京~岡山間の高速バスとしては最も老舗で、20年以上の伝統を誇ります。そのためか、昔ながらのファンが多い路線です。3列独立型シートで、一部の車両にはコンセントも装備。トイレや飲み物のセルフサービスコーナーもあります。

新宿~岡山間の所要時間は10時間ほどで、「夜行バスの所要時間としては使いやすい」との口コミも。車両は清潔で、途中休憩が少ないためスピードも速く「オーソドックスながら快適」という感想も。定価はやや高いですが、ネット予約で最大33%引となります。

ルミナス号の予約

小田急高速バス「ブルーメッツ号」の口コミ・評判

新宿~高知間を結ぶ高速バスが「ブルーメッツ号」です。小田急高速バスのなかでは最長距離ですが、この区間は鉄道は不便で、高速バスのライバルも少なく、小田急の存在感の高い路線です。とさでん交通との共同運行です。車両は横3列×縦10列のシートで、装備はフローラ号と同じなのでそちらをご参照ください。

往復とも20時過ぎに出発して朝7時過ぎに到着するというダイヤが「使いやすい」と評判で利用者は多く、ときには3台くらい続行することも。車両は清潔で、途中休憩も少なくぐっすり眠れるとの口コミが高いです。そのためか割引運賃も少なく、値段はややお高めです。

ブルーメッツ号の予約

小田急高速バスのまとめ

主力の箱根線でのブランド力はきわめて強く、運行本数も豊富で評価は高いです。鉄道のロマンスカーの補完的な役割からスタートした路線のようですが、いまや御殿場や箱根北部への旅行にはファーストチョイスといってもいいでしょう。

一方、高速バス・夜行バスは秋田、高知便の人気が高いいっぽう、岡山、広島方面は激戦区で空いていることもあります。車両は新しいタイプが多く、席もゆったりしていて、運転も穏やかで基本的には評価の高いバス会社です。割引運賃を上手に使えば快適な旅ができます。

小田急高速バスの予約

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP