高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 口コミ・評判 >> 国際興業

■国際興業高速バス(国際興業株式会社)
東京・埼玉から東北各地へ高速バス・夜行バスを展開するのが国際興業バス。青森、秋田、岩手、山形の各地への高速バス路線があります。高速バス路線はすべて3列独立シートの車両が使われています。

シリウス号」が八戸、十和田、七戸方面、「しもきた号」が八戸、むつ方面、「ジュピター号」が花輪、大館、能代方面、「夕陽号」が鶴岡、酒田方面、「ドリーム盛岡号」が盛岡方面、「遠野・釜石号」が遠野、釜石、山田方面、「けせんライナー」が気仙沼、大船渡、釜石方面です。

国際興業バスの高速バスのチケットは、すべて日本旅行で予約できます。

国際興業高速バスの口コミ・評判・感想まとめ

  • 池袋駅西口乗り場は駅前で便利。
  • シートが幅広くて、ホールド感がしっかり 。
  • バスは国産で乗り心地がよい 。
  • 枕が可動式であわせやすい。
  • 「イオンドクター・ブランケット」という独自の毛布。ちょっと暖かい気が……?
  • 青い森鉄道と接続している。

国際興業高速バス「シリウス号」の口コミ・評判・感想

国際興業高速バスのフラッグシップ的な路線が東京・池袋~八戸・十和田・七戸を結ぶ「シリウス号」でしょう。十和田観光電鉄との共同運行です。車両は横3列×縦10列の、標準的な3列独立シートです。

国際興業運行便のときは、いすゞ製新型車両にあたる可能性が高く、その場合はかなり快適と評価が高いです。揺れが少なく乗り心地は国内でもトップクラスとの評価も。

毛布は「イオンドクター・ブランケット」という遠赤外線作用のあるものを使用して、大きくて暖かいとの感想があります。東北方面のバス会社だけに、このあたりは心配りがいいですね。

シリウス号は2014年9月より変動運賃制が採用され、学割はなくなりました。ネット割を使うと3%引きで購入できます。

シリウス号の予約

国際興業高速バス「夕陽号」の口コミ・評判・感想

東京・大宮~鶴岡・酒田を結ぶバスが「夕陽号」です。庄内交通との共同運行です。東京の出発地は2系統あり、渋谷・池袋・大宮経由便と、新宿、東京駅・秋葉原・上野経由便です。

車両は横3列×縦10列の、いわゆる普通の標準的な3列独立シートです。「シリウス号」とちがい、こちらは上記のいすゞ製新型車両はまだ導入されていません。そのため、「ちょっとバスが古い」との感想も。カーテンがあり、一部車両ではコンセントも設置されています。

夕陽号の予約(楽天トラベル)

国際興業高速バス「遠野・釜石号」の口コミ・評判・感想

池袋・秋葉原・上野~遠野・釜石・大槌を結ぶ高速路線バスが「遠野・釜石号」です。岩手県交通との共同運行です。車両は横3列×縦10列の、標準的な3列独立シートです。カーテンつき、いまのところコンセントはありません。

遠野・釜石号の予約

国際興業高速バス「けせんライナー」の口コミ・評判・感想

池袋~一関・気仙沼・陸前高田・大船渡・釜石を結びます。車両は横3列×縦10列の、標準的な3列独立シートです。カーテンつき、コンセントなしです。

けせんライナーの予約

国際興業高速バス「ジュピター号」の口コミ・評判・感想

池袋・大宮~花輪・大館・能代を結びます。車両は横3列×縦10列の、標準的な3列独立シートです。カーテンつき、コンセントなしです。

国際興業高速バスの総合評価

高速路線バス全盛期には、池袋を拠点に東北や関西に路線を広げた国際興業バスですが、最近は高速バスの競争が激化して、路線を絞ってきています。

しかし、近年の「シリウス号」では、八戸地域での経由地を工夫したり、青い森鉄道との接続をはかったりして、生き残りを模索しています。変動運賃制も導入され、平日は価格がだいぶ安くなりました。

新型車両は好評ですが、日にちによっては旧型の古い車両が来ることもありますから、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

国際興業高速バスの予約

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP