高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 口コミ・評判 >> 京王バス

京王高速バスの口コミ・評判・感想

■京王高速バス(京王電鉄バス株式会社)
東京・新宿を拠点に、おもに中央高速方面への高速バス・夜行バスを展開するのが京王電鉄バスです。

中核会社である京王電鉄バスに、京王バス東、京王バス南、京王バス中央、京王バス小金井の4つの子会社を持ち、これらを加えた5社が京王電鉄バスグループです。

河口湖までの路線は1956年に開設されたという歴史を誇る老舗です。主力は昼行バスの「中央高速バス」で、甲府、諏訪、松本、伊那方面へは絶大な人気があります。そのほか、仙台、大阪、神戸へ夜行高速路線バスを運行しています。

京王高速バスの主な路線のチケットは、楽天トラベル(高速バス予約) で予約・購入できます。

京王高速バスの口コミ・評判・感想まとめ

  • 中央道の昼間路線は便数が多くて便利。
  • きれいで快適。文句なし。
  • 早割を使えば激安。
  • 週末は中央道の渋滞が怖い。
  • Sクラスは快適。コンセントがあるのが良い。
  • 昼間便は、混んでいるときは補助席まで満席になる。予約必須。

京王高速バス

京王高速バス「松本線」の口コミ・評判・感想

新宿~松本間を結ぶ昼行高速バスが「松本線」です。京王電鉄バスとアルピコ交通の共同運行で、最新鋭のバスが投入される主力路線です。途中、高速道路上での停車も少なく、定刻なら新宿~松本が3時間12分で、JRの特急「スーパーあずさ」に引けをとらない速度です。

「Sクラスシート」という横3列の特別シートを装備。車両の前方の数席が「Sクラス」で、通常運賃にプラス1,000円で乗車できます。席の幅が広いだけでなく、専用のひざ掛けやスリッパ、電源コンセントが装備され、非常に好評です。

このSクラス設定便の京王バスの車両では、トイレもとてもきれいに刷新され、着替え台や大型鏡付きの洗面台までついていて、女性客に好評です。

全部の便がこの車両ではないのですが、時刻表で確認できますので、新型車両便を選ぶといいでしょう。

京王高速バス「諏訪・岡谷線」の口コミ・評判・感想

新宿~諏訪・岡谷間を結ぶ昼行高速バスが「諏訪・岡谷線」です。京王電鉄バスとアルピコ交通、山梨交通、JRバス関東、フジエクスプレスとの共同運行です。諏訪インター経由、岡谷インター経由、茅野駅の3系統あります。途中「双葉SA」にて休憩します。中央道昭和から西のバス停に停車します。

4列シートのトイレ付き車両で、「普通に快適」との感想が多いですが、「週末は渋滞するので注意」という口コミも。

京王高速バス「諏訪・岡谷線」の予約

京王高速バス「名古屋線」の口コミ・評判・感想

新宿~名古屋間を結ぶのが「名古屋線」。夜行高速バスと昼行高速バスが1日計4往復運行します。名鉄バスとの共同運行です。

横4列×縦10列のゆったりシートで、補助席なし、センターアームレスト付きで、一列目以外はフットレストがついています。また、夜行便では毛布のサービスがあります。

新型車両はトイレが大型パウダールーム仕様で、洗面台・大型鏡・着替え台がついています。トイレ付きですが、ドアを開けての休憩が3回あります。

正規運賃はややお高めですが、期間・便・席数限定で早期割引があります。京王のきれいで揺れの少ない車両にお手軽価格で乗れるのなら、他社よりお得でしょう。

京王高速バス「名古屋線」の予約

京王高速バスのまとめ

中央高速バス」のブランド力は強く、運行本数も豊富で評価は高いです。いっぽう、夜行便は競争の激化で苦戦していて、一時期は満席で予約が取るのも大変だった名古屋便も空席が目立つようになりました。

そこで、最近は、ウェブ割引や早期割引を導入しています。とくに早期割引を使えば、週末は他のバスよりも安い場合も多くなっています。品質面に関しては、きれいで揺れの少ない国産バスを導入し、自社乗務員が案内するなど、高い評価があります。

また、新宿発着で中央道に向かうという利便性の高さ、わかりやすいと評判がいいです。格安運賃を上手に利用して、積極的に使いたいバス会社といえるでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP