高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 調査リポート >> LCCvs.高速バス

LCCvs高速バス

中・長距離を安く移動するには高速バス、というのが半ば常識でした。ところが、LCCの登場で、その常識も覆されています。価格だけで比べれば、高速バスよりもLCCのほうが安い、というケースが急増中。相手は飛行機ですから、価格だけでなく快適性や速達性でも高速バスより優位に立っています。

とはいえ、LCCにはさまざまな制約があるのも事実。価格だけでなく、さまざまな利便性を考慮して、比較してみましょう。

高速バスとLCCが直接競合する「関東-関西」「関東-福岡」「関西-福岡」の3区間を例に見ていきましょう。

関東-関西は高速バス有利?

関東-関西のLCCは、ジェットスターとピーチアビエーションが成田空港-関西空港便を運航しています。東京都心からだと、成田空港までのアクセスが時間がかかりますし、一方の関西空港も便利な立地とはいえません。新宿~梅田で比べると、LCCで5時間、高速バスで8時間くらい。LCCのほうが速いと言えば速いですが、圧倒的な時間差ではありません。価格は高速バスが約4,000円~、LCCも4,000円台~。LCCは空港へのアクセス費用は別途かかりますから、LCCの実質価格は6,000円~くらいでしょうか。時間差と価格差を考えると、LCCが必ずしも優位とはいえません。むしろ、乗換がなく便利な高速バスのほうが有利かもしれません。

関東-福岡はLCCの圧勝

関東-福岡は、高速バス路線は限られており、西鉄「はかた号」とロイヤルエクスプレスのみ。一方、この区間は航空業界の競争が激しく、LCCの価格も安くなっています。価格は時期によりますが、おおむねバスは約8,000円台~、LCCは約6,000円台~のようで、LCCのほうが安い場合もあるようです。空港アクセスの時間や費用を入れてもLCCの圧勝といえます。

関西-福岡もLCCが優位

高速バスとLCCの競争がもっとも激しいのが、関西-福岡。LCCなら4,000円程度~の価格設定。曜日にもよりますが、6,000円くらいの席を取ることは簡単です。これは高速バスでは「4列ゆったりシート」の価格帯とほぼ同じ。空港アクセスの時間と費用を入れても、LCCに優位性があります。

関西拠点LCCは強し!成田拠点は今ひとつ

こうしてみると、関西空港を利用する場合、LCCはそこそこ便利といえます。関西空港は伊丹に比べると不便ですが、大阪市内から極端に離れているわけではありませんし、交通機関も豊富です。そのため、関西地方発着の旅行は、LCCの利便性がよくなっています

いっぽう、成田拠点は競争力が今ひとつ。都内と成田は空港はバスで1時間。最近は1,000円で行ける格安バスが登場したものの、不便さは否めません。成田拠点のLCCが高速バスに対して優位性を発揮するには、岡山以西、盛岡以北くらいの距離が必要になりそうです。現時点では、成田LCCは高速バスの脅威にはなっていません。

LCCは大手航空会社よりも時間がかかる

LCCは、大手航空会社よりも時間がかかります。もちろん、飛んでしまえば大手もLCCも同じなのですが、LCCは乗るまでが大変です。たとえば、絶対に遅刻できませんので1時間くらい前には空港にいなければなりませんし、せっかく早めに空港に着いたのに、今度は飛行機が遅延する、というケースも少なくありません。そうしたトータルの時間を含めると、成田からの場合は飛行機の出発時刻の3時間前には都内を出る必要がありますし、関西からの場合でも2時間前には大阪市内を出ておく必要があります。こうした時間を計算して、高速バスと比較しましょう。

安くて速いLCC、信頼性は互角

いろいろ比較してきましたが、結論をいえば、LCCが運行されている区間はLCCのほうが便利でしょう。LCCは価格が直前になると高くなりますが、それでも高速バスとそう大きくは変わりません。また、狭い飛行機に乗っている時間はわずかですから、高速バスの4列シートに何時間も乗るよりはだいぶマシ、という意見もありそうです。

LCCは運休や欠航が多く、信頼性に欠けるという意見もありますが、実際はそれほどダイヤが乱れることは多くありません。高速バスもそうそう運休しませんし、お盆や年末年始などを除けば大渋滞で動けなくなることも滅多にありません。信頼性・確実性では、互角といえるかもしれません。

現時点では、LCCと高速バスの両方があれば、LCCを選択したほうが安くて快適に移動できるかもしれません。確実性を求めるなら、新幹線や大手航空会社を選ぶのがいいですね。

最後に気を付けることとして、LCCはキャンセル不可が原則です。一方、高速バスはキャンセル料はかかりますが、キャンセルは可能ですし、キャンセル料も直前以外は低額です。

こうした違いも頭に入れて、予定の確実性、遅延の許容度などを踏まえて選ぶと良いでしょう。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP