高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 口コミ・評判 >> 両備バス

両備高速バスの口コミ・評判・感想

■両備高速バス(両備ホールディングス株式会社)
岡山県の岡山市、倉敷市、津山市を拠点に、東京、京阪神、山陰、広島、四国などへの高速路線バスを展開するのが両備バスです。

山陽自動車道を経由する大阪や広島への昼行バスは頻発し、圧倒的な存在感があります。東京方面への夜行バスも健在で、品川、新宿、東京駅への3路線を維持しています。

東京~岡山は高速路線バスの激戦区で、多数の会社が路線を開設しています。そのなかで、3路線の運行に携わっているのですから、かなり積極的です。

両備高速バスの主な路線のチケットは、日本旅行バスぷらざ楽天トラベル(高速バス予約)で購入できます。

両備高速バスの口コミ・評判まとめ

  • 高速バスに積極的。
  • 座席は座りやすい。
  • サービスレベルは高い。高速バスに情熱を持っている印象。
  • 4列シート車と3列シート車の普通運賃が同じ。
  • 乗務員は親切。

両備高速バス「ルブラン号」「マスカット号」の口コミ・評判・感想

東京~岡山を結ぶ高速夜行バスのうち、3列シート車が「ルブラン号」と「マスカット号」です。「ルブラン号」が品川・浜松町~津山・岡山・倉敷で羽田京急バスとの共同運行、「マスカット号」が中野・新宿~津山・岡山・倉敷で関東バスとの共同運行です。

フェイスカーテン付きの「独立3列」で、縦は9列の標準的な夜行路線バス仕様。もちろんトイレもあります。首回りのクッションは大きく、座面も座りやすい形状です。

両備運行便に関しては、「ルブラン」「マスカット」について、「どちらの路線に乗っても同じような車両」との口コミが寄せられています。ですので、目的地にあわせて乗車すればよいでしょう。サービスとしては、「ドリンク、おしぼり、毛布、スリッパといった一通りのものが揃っている」との感想が。

普通運賃はどちらも東京~岡山で同じですが、「ルブラン号」は学割や回数券による割引があります。「マスカット号」には学割があります。「マスカット号」には回数券の設定はありません。

マスカット号の予約

両備高速バス「ままかりライナー」の口コミ・評判・感想

東京~岡山を結ぶ高速夜行バスのうち、4列シート車が「ままかりライナー」です。東京駅八重洲口・上野駅前・浅草駅前~岡山・倉敷を運行しています。

東北急行バスとの共同運行です。東北急行と共同運行と聞くと、「格安系かな」と思ってしまうのですが、縦10列の「4列ゆったり」仕様で、最後尾にトイレがあります。

ドアを開けての休息は1カ所のみ、上りの場合は竜野西SAで、その後は東京に一直線です。

 「ルブラン」「マスカット」との大きな違いは、津山に寄らない山陽道経由、ということ。そのため乗車時間は少し短いです。上下線とも21時前後に出発して7時前後に目的地に着くダイヤは利用しやすいでしょう。

普通運賃は3列シートの「マスカット号」などに比べ4割程度安く、価格重視の方にはお得です。

さらに、WEB早割もあり、5日前にウェブで買えば5000円台で購入も可能。ポイントカードまで導入しており、6回乗れば1回(片道)タダ、というシステムもあり。マイレージサービスに似ている仕組みで、高速バス業界では画期的かもしれません。

両備高速バス「リョービエクスプレス」の口コミ・評判・感想

両備高速バスのブランド名が「リョービエクスプレス」。路線名としては岡山~名古屋、大阪、神戸、徳島への路線が「リョービエクスプレス」で運行されています。

主力となるのが、大阪、神戸への路線です。それとは別に「京都エクスプレス」もあります。「ももたろうエクスプレス」は米子、松江、出雲へ。「サンサンライナー」は広島へ。「マドンナエクスプレス」は松山へ。「龍馬エクスプレス」は高知へ、など、愛称はさまざまです。

愛称が「リョービエクスプレス」になっている路線となっていない路線があるのは、共同運行便の相手との兼ね合いのようです。

「リョービエクスプレス」は、昼間運行の中距離路線は4列シートが基本ですが、一部便は3列シートです。一部車両ではコンセントが導入されています。横4列の場合も縦は10列シートが主なので「ゆったりくつろげる」との感想が。

お値段もお手頃で、大阪~岡山間はWEB早割3を使えば新幹線の半額です。3時間半ほどかかりますので、新幹線よりは数倍遅いですが、値段は半額。「この値段なら2時間余計にかかってもバスがお得」との感想も多く、利用者はかなり多いようです。 

両備高速バスのまとめ

岡山電気軌道などを傘下にもつ両備ホールディングスは、岡山地方では最大の民間鉄道・バス会社です。高速バスには早くから積極的で、1988年の瀬戸大橋開通にともなって参入しています。その後、山陽自動車道が整備されるにつれて、山陽道沿線の路線を強化。いまでは、岡山を中心に東は東京、西は福岡まで高速バスを走らせています。

主要路線には新型車を積極的に投入し、車内サービスの質も高く、「両備なら安心」という評価は確立してきました。口コミも全体に悪くありません。最近は競合も激しいのですが、岡山発着は、大阪~東京間ほどの値崩れがないので、今のところ生き残っています。

夜行バスは3列シートが基本で、昔ながらの伝統的高速路線バスサービスを維持しています。

地域のバス会社ですので、安心感はありますし、乗務員も親切で親しみやすい人が多い様子。乗りやすいバス会社といえるでしょう。

両備高速バスの予約

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP