高速バス・夜行バスの口コミ、評判がわかるサイトです

高速バス研究所

トップ >> 基本情報 >> キャンセル

高速バスをキャンセルするときは?

高速バスの予約をキャンセルするときはどうしたらいいのでしょうか。キャンセル料はいくらくらいかかるのでしょうか。予約するときは、「絶対に乗る」と思っていても、やむを得ずキャンセルすることはあるものです。

ところが、高速バス会社のホームページでは、キャンセル手続についての説明は詳しくなかったりします。そこで、ここでは、高速バスのキャンセルについて、キャンセル方法と取消料について説明します。

といっても、予約のキャンセル方法やキャンセル料は、高速バス会社によって異なりますし、チケットを購入した場所でも異なります。ここでは、代表的なキャンセル方法とキャンセル料について説明していきます。

高速バスのキャンセル方法

高速バスのチケットのキャンセル方法は、「どこで買ったか」によって異なります。そのため、まずは自分のチケットをどこで買ったかを思い出しましょう。また、これから買う人は、キャンセル手続の簡単な方法で買うことをおすすめします。

バス会社の窓口で購入したチケット

高速バス会社の窓口や、駅などで購入したバスのチケットは、その窓口でキャンセルと払い戻しの手続ができます。たとえば、JRバスの場合、JRバスの窓口で払い戻しできます。クレジットカード払いであっても、現金払いであっても同じです。いちばんシンプルでカンタンです。

インターネットの予約サイトでクレジット購入したチケット

インターネットの高速バス予約サイトでクレジットカードを使って購入したチケットは、そのサイトからキャンセル、取消手続をするのが原則です。ただし、サイトによっては、直接バス会社に連絡しなければならない場合もあります。また、出発時刻直前のキャンセルも、直接バス会社に連絡した方がいいでしょう。

コンビニエンスストアで購入したチケット

インターネットで予約しても、コンビニエンスストアで支払をしたチケットは、手続が少し異なる場合があります。インターネットで取消手続をする場合もありますし、電話で直接バス会社に連絡を取ってキャンセル・取消手続をする場合もあります。コンビニ支払いは返金手続が少し面倒で、銀行振込(ATM)による返金になることもあります。そのため、コンビニ支払い時のキャンセル・返金には、別途手数料がかかる会社もあります。

コンビニエンスストアの端末で予約した場合、キャンセルするときは、直接バス会社の窓口を訪れるか、電話などで連絡するのが原則です。コンビニ店頭でキャンセル、払戻しはできません。

いずれにしろ、コンビニ決済の対応は高速バス会社や予約サイトによって異なりますので、注意が必要です。

Pay-easyやICカード決済で購入したチケット

インターネットで予約した後、Pay-easyやICカード決済(Suicaネット決済など)で支払った乗車券は、ATMなどでの払い戻しはできない場合があります。直接バス会社窓口に訪れた方がいいでしょう。

ここまで、購入手段別にキャンセル方法の原則を書きました。ただ、いずれの場合もバス会社によって対応が異なることがありますので、ご自身でお確かめください。

高速バスの予約のキャンセル料

高速バスの予約をキャンセルしたときの手数料(払戻手数料)は、バス会社やチケットの券種によって異なります。「普通運賃」か「割引運賃」かによっても異なります。

WILLER TRAVEL

一般的な高速バスキャンセル料

一般的な高速バスの乗車券のキャンセル料は、出発時刻まで100円です。ただし、長距離夜行バスなどでは、これより高くなることがあります。

また、インターネットの予約サイト経由で予約して、解約する場合、取扱手数料として500円程度を別途請求されることがあります。

JR高速バスのキャンセル料

JR高速バスの場合、割引なしで購入しで購入したチケットの払い戻し手数料は出発時刻まで100円です。

東京~京阪神、名古屋、四国などの一部区間では乗車日の2日前までは100円ですが、前日から出発時刻までは20%の払戻手数料となります。さらに、「早売」という割引運賃では、12日前までが100円で、11日前以降出発前までが20%になります。

割引のぶん、キャンセル料の条件は厳しくなります。他のバス会社でも、割引価格には同様のキャンセル料を提示している場合があります。

旧ツアーバス系のキャンセル料

旧ツアーバスだったバス会社は、一般的な高速バスのキャンセル料とは異なる払い戻して数量体系になっていることが多いです。

ウィラー、VIPライナーのキャンセル料

ウィラートラベルの場合、8日前まではキャンセル料は無料です。7日前~2日前が30%、前日が40%、当日出発前が50%です(チケットによって異なる場合があります)。VIPライナーも同じです。

さくら観光のキャンセル料

さくら観光の場合、11日前まではキャンセル料は無料です。10~8日前が20%、7~2日前が30%、前日が40%、当日出発前が50%です(チケットによって異なる場合があります)

VIPライナー

高速バスのキャンセル料に関する注意点

キャンセル料体系を簡単にまとめると、「割引運賃」は20%~、「普通運賃」は100円、というのが標準的です。旧ツアーバス系は「割引運賃」ばかりなので、20%~が基本になります。安いチケットほどキャンセル料が高い、という仕組みになっていますので、ご利用時には注意しましょう。

また、返金については、窓口での現金購入がもっともスムーズで、その場で現金で返金してもらえます。クレジットカードで購入した場合は、そのカードへの返金が原則ですので、返金には時間がかかります。コンビニ購入の場合は、銀行振込(ATM)への返金になることが多いので、払戻手数料の上に振込手数料を取られることもあります。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP